初夏の剣山を10倍楽しむ!! 剣山~三嶺縦走 三好市でチャレンジ!バスで行く祖谷トレッキング(まとめ)

2022.05.21

特集

のんびりバスで行く!縦走好きなら一度は行きたい秀麗な稜線が堪能できる「剣山~三嶺」ルート

秘境祖谷の集落からさらに奥深く、三好市の境をかたちづくる剣山系(つるぎさんけい)。西日本第二の高峰剣山から尾根沿いに続く三嶺。雄大な眺めが続く「剣山~三嶺 縦走コース」は、中級~上級の登山者に一番人気のコースだ。三好市の誇る、この二つの山の縦走を含んだ2泊3日、約25Kmのコース。登山口まで公共交通機関を使い、山頂ヒュッテに宿泊しながらのトレッキングを6つのパートに分けて紹介する。

パート1 阿波池田から剣山登山口までのバスルート 見ノ越から西島へ

3日間の縦走トレッキングは、東祖谷、見ノ越(みのこし)の「剣山登山口」からスタートし、名頃(なごろ)の「三嶺登山口」でゴールとなる。
パート1では阿波池田バスターミナル発、登山口着のバス運行時間をシミュレーション。また剣山の登山口である「見ノ越」から西島駅までのルートを紹介。

パート1の詳しい記事はこちら

TsuMiu-1-3.jpg

TsuMiu-1-4.jpg

パート2 西島~剣山御神水~二度見展望所~剣山頂上、剣山ヒュッテに宿泊

西島駅から、剣山頂上まで3つあるコースのうち、比較的なだらかで、初心者にもおすすめの『遊歩道コース』を登る。日本名水百選の『剣山御神水』で喉を潤した後、絶景スポットの『二度見展望所』から頂上へ。1日目の宿、剣山頂上ヒュッテへ到着。夕食後は満点の星空を眺める。

パート2の詳しい記事はこちら

パート3 2日目、いよいよ剣山~三嶺の縦走スタート 剣山山頂~次郎笈~丸石避難小屋~高ノ瀬

2日目、ヒュッテで雄大な日の出を望んでから朝食を済ませる。午前7時過ぎ、いよいよ剣山~三嶺の縦走へ出発。剣山の兄弟峰「次郎笈」へ四国随一の稜線を歩き、丸石山へ。「奥祖谷二重かずら橋」まで下りるエスケープルートを紹介しつつ、岩場もある急な登りを行き、次のピーク高ノ瀬へ向かう。縦走前半のようやく半分ほどに到着。360度に広がる山々のパノラマを見ながら昼食をとる。

パート3の詳しい記事はこちら

パート4 剣山~三嶺縦走路後半。昼食後、平和丸~白髪小屋、急な鎖場を登り、三嶺山頂へ

剣山~三嶺縦走路後半戦に備え、剣山頂上ヒュッテのおにぎりで栄養補給。ササ原の登山道を進み、平和丸まで左右に開けた景色を楽しみつつ進むと、広々とした草原にある白髪避難小屋に到着。白髪山の分岐を越えるとカヤハゲ~三嶺へ向かうゴール前のアップダウン。最後の急坂は固定された鎖につかまり、踏ん張って登る。ようやく三嶺頂上に立つ。

パート4の詳しい記事はこちら

パート5 三嶺山頂~三嶺ヒュッテで夕食・宿泊 夕日と星空を楽しむ

山頂からの広大な景色を眺めながら休憩し、岩だらけの道を少し下ると三嶺ヒュッテが見えてくる。ヒュッテに荷物を置いたら、名頃方面への登山道の途中にある水場で夕食と朝食用の水を確保。夕食はアルファ米とレトルトカレー。夕暮れ時は少しずつ暗くなっていく山々の眺めが神秘的。また夜は剣山頂上にも劣らない星空が現れる。

パート5の詳しい記事はこちら

パート6 日の出の絶景を堪能、朝食の後、三嶺から下山 名頃発の三好市営バスで帰路へ

翌朝、三嶺ヒュッテで夜明け前に起床し、外で日の出を眺める。朝食にゆでるだけのオートミールを食べてから少し頂上周辺を散策。その後荷物をまとめて、名頃の「三嶺登山口」へ向かう道へ下山する。ヒュッテから登山口まで下り2~2.5時間。「三嶺登山口駐車場」からバスで帰路へ。近くの名頃バス停は橋を渡り左折して100mほど、国道439号線沿いにある。三好市営バス「久保」行は11:25、もしくは15:20発がおすすめ。その後「阿波池田バスターミナル」まで戻るには乗換が必要。バスの運行時間も記載しているので、参考にして欲しい。

パート6の詳しい記事はこちら