祖谷そば もみじ亭 パート1 | 故郷の伝統と味への情熱  

2022.04.06

特集

徳島県三好市山城、国道32号線沿いの観光拠点施設RiverStation West-West。その一角で静かに佇む、茅葺き古民家レストラン「祖谷そば もみじ亭」。名物祖谷そばをはじめとした祖谷の味、そして、もみじ亭にまつわる地元の方々の思いなどを紹介する。

徳島県三好市国道沿いに現れる茅葺きの建物

国道32号線、徳島県三好市の池田より大歩危祖谷方面に向かう主要な道だ。

途中、山城エリアで現れるのは、木々に囲まれた茅葺き屋根独特の形の建物と水車。国道沿いに現れる伝統的な建物と、その一帯のモダンな複合施設とに興味を持った方も多いだろう。

名勝大歩危峡を眼下に望むRiverStation West-Westと「祖谷そば もみじ亭」

RiverStation West-Westでは、アウトドア施設、土産店、レストランなどの店舗がモダンなデザインの屋根の下に並んでいるが、そこから離れた一角に和庭園や水車、そしてもみじをはじめとした木々に囲まれた古民家がある。

この落ち着いた佇まいの古民家が「もみじ亭」だ。

建物に近づくと感じたのは本物の茅葺き家屋の重厚感。一瞬レストランであることを忘れそうになったほど。

この建物は三好市東祖谷でも奥の方、菅生という集落から移築されたもので、江戸中期から後期ぐらいに建てられており200年を超える歴史を持っている。West-Westの施設ができる前は資料館となっていた時期もある。

築200年の歴史を継承…茅葺き家屋の心 祖谷の伝統を残す

代表取締役社長の西村洋子さんより、詳しくお話をうかがった。

20年ほど前、RiverStation West-Westの施設を作る際、この、現もみじ亭の建物はひどく傷んでおり、初めは取り壊しの話も出ていたそうだ。

ところが、西村さんがこの祖谷からやって来た建物の柱にふれた時「残して」と、木の手触りを通して、古民家に語りかけらたように感じたそう。

奇しくも、西村さんの故郷も東祖谷。この、故郷から移築された建物を生き返らせ、そこで祖谷の郷土料理である祖谷そばを多くの人に味わってもらい、祖谷の伝統と味を紹介しよう、と地元を想う情熱が「もみじ亭」をつくりあげた。

パート2では、もみじ亭で提供される祖谷の味を紹介する。

【次の記事はこちら】
祖谷そば もみじ亭 パート2 | 故郷祖谷の味と家庭の味 であたたかいおもてなし
祖谷そば もみじ亭 パート3 | 古民家の上質な空間と大歩危峡の眺め

祖谷そば もみじ亭

営業時間 11:00〜17:00 (時期により11:00〜15:00)
定休日 冬季など季節により水曜日休
TEL 0883-84-1117
※詳細はホームページよりご確認ください。
URL:http://west-west.com/

(取材・文: ショーン ラムジー、写真:RiverStation West-West& ショーン ラムジー)

【関連記事】
【三好人】“大歩危・小歩危”の観光拠点の立役者|WEST-WEST『西村洋子』さん Part-2

オススメ観光情報

  • mont-bell 大歩危店

    アウトドアウェアやギア(道具)、キャンプ用品など多数取揃えています。
    大歩危店でしか手に入らない限定商品も人気の一つ。

    スポット詳細を見る

  • 道の駅大歩危(妖怪屋敷と石の博物館)

    店内には妖怪屋敷や石の博物館、お土産売り場などがあります。
    また、地元で獲れた食材を活かしたジビエバーガーなども販売しています。
    テラスに出て食べる事も可能です。

    スポット詳細を見る

  • 吾橋・雲海展望台

    展望台からは大歩危・吉野川や高知方面も眺望でき、雲海の鑑賞や撮影が楽しめます。この展望台は2015年3月末に完成。それまで視界を遮っていた樹木を伐採し、その杉を利用して横6m、縦4mの展望ウッドデッキが完成。また、100mほど手前には木製手すりが整備されており、大歩危や西祖谷方面を見渡せる。

    ・雲海の観賞できる時間帯:日の出から朝7時半頃まで
    ・雲海の発生頻度の高い時期:3月~4月、10月~12月
    ・他に雲海観賞出来るスポット:国見山登山口、山城町水無地区、山城町あざみ峠、山城町峰地区 等。

    スポット詳細を見る

あわせて読みたい

オススメ観光情報ランキング