徳島の暴れ川”吉野川”を拠点にラフティング世界大会へ挑戦!THE RIVER FACE主将【板華子選手】

2022.03.16

特集

世界からラフティングのアスリートが訪れる世界屈指のラフティングの聖地、三好市の吉野川。「THE RIVER FACE」は日本一の激流とも言われるここ吉野川に拠点を置く、レースラフティングの女子日本代表チームである。熱いラフティング愛で個性豊かなメンバーをまとめる、チームキャプテンの板華子選手をご紹介!

板 華子選手


出身地:鳥取県
生年月日:1989年2月13日
ニックネーム:ハナちゃん・おはなはん
好きな食べ物:たらこ 梅干し ドリア
嫌いな食べ物:セロリ パクチー
得意技:素潜り

ラフティングを始めたのは平成19年、大学1年生の時。卒業後は三好に移住し世界を目指す

部活でレースラフティングをしてきてこの競技の魅力を感じ、更に高みを目指したいと思いリバーフェイスに加入。「私は何もない普通の女子だから、私を通してラフティングや川や世界を身近に感じてもらいたい。」そんな想いと希望を持ち、吉野川の門を叩く。2017年に一度引退したがパワーアップをして2019年チームに再加入。そして現在はラフティング女子日本代表ザ・リバーフェイスのキャプテンを務めている。そんな板さんは、食べるのだいすき!笑うのだいすき!いつも明るく笑いが絶えません。見た目は乙女(もちろん心も)ところがどっこい、よく食べる事で有名な浅井さんを上回るほどチーム1の大食い、美人なのに大食い!?右に出れるもの大募集中だそう。


板さんのボートの上でのポジションは右後ろ。後ろから全員をよく見て、良い状態に整え、支える

ボートが左右に回りだした時に、その慣性をコントロールして回転する力から前に進める力に転換しないとボートが進まないので、ボートの後ろでしっかり慣性をコントロールする必要がある。後ろで上手くコントロールしながら、全員が気持ち良くストレス無く漕げている時は、ボートを自分が支えているという感覚がある、とラフティング界で用いられるワードをズラリと並べながらレースラフティング、自分のポジションについて熱く語る姿がとても輝いているように見えた。

  “板華子”といえばまさに努力の塊。

漕ぐことに貪欲、口だけではなく体現している部分はメンバーも一目置くほど。 練習中意見の食い違いが多々ある中で、自分たちが目指しているものから逸れないように冷静に状況を判断して建設的な話ができるようにすすめてくれる、チームにおいては欠かせないリーダー。あれやこれ言ってくるメンバーにも痺れを切らさず頭を抱えながらも的確にまとめれる視野・心広き人。 自身はもちろん、チームの課題解決に向け全体やメンバーひとりひとりに時間をかけながらも真摯に向き合い、 競技に対する熱は誰にも負けやしない、熱量高めの彼女は常にチームへいい風を吹き起こしている。

仕事と練習を両立。大変だが地域や職場の人のつながりや応援が力になる

リバーフェイスはプロチームではないので、仕事をしながら練習をする、という形がベースにある。練習時間を確保すると練習時間は朝の5:30~7:00。朝が苦手で、なおかつ日中に仕事をする、そんな生活スタイルに慣れることが選手生活を過ごす上で大変だったという。その反面、選手生活で一番良かったことは、多くの人と繋がれたこと。チームのメンバーはもちろん、応援してくださる方々や外国チームの仲間、三好市での生活や仕事で出会った方々の出会いは板さんにとって宝物。自分たちが掲げる目標を達成することで今まで応援していただいている方々への恩返しをしたいと思ってるし、何より世界で漕ぐ自分たちの姿を見て1人でも多くの人が元気になったり、希望を持てるようになったら本当に嬉しい、と自分のことだけではなく広い視野で物事を考えれることは板さんの大きな武器だろう。


日本代表のキャプテンとしての意気込み ラフティング世界選手権で優勝するために

「チームとしては3年ぶりの世界選手権。コロナ禍でレースに出場する機会がなかったり、国内外の遠征もなくテクニックの部分、チームワークの部分でも未熟な部分が多くある。思い起こせば2019年に行われた日本代表権をかけた全日本選手権(コロナウィルスで延期となった大会)でまさかの敗退、から早2年。先の見えない状況で練習をすることやモチベーションの維持が難しかった。チームのメンバーとの気持ちの行き違いも生まれたことも少なくはなかった」という。

「キャプテンをしていて辛いと思ったことはないけれど、メンバーに気持ちを伝えることに悩んだ。みんなをまとめることはもちろん、食い違う意見の場で感情が先行しないように伝え方には特に気をつけてきた点。私たちは世界選手権で優勝するということを目標にしているが、私がキャプテンとなってからは世界選手権の出場自体が初めてなので、結果を出せたら嬉しいと思えると思う。本大会では今までしてきたことはもちろんのこと、チームのメンバーひとりひとりがリバーフェイスというチームに誇りを持っているということを一番の強みにしてチーム一丸となってやりきりたい」と力強く語った。

「世界選手権では、世界中のラフティング好きが集まるので、その場に居れること自体が選手としてとても幸せなことだと思っているし大会の楽しみはそういうところ。今回は例年の世界大会と違い、気をつけないといけない点もある。やはり新型コロナウイルスに感染してしまうと練習ができなかったり、タイミングによっては大会に出場出来なくなるので、感染対策には特に気を付けたい。」

板華子選手コメント

いつも応援ありがとうございます!

久しぶりの世界選手権、更に練習を積み重ねて自信を持ってレースを楽しみたい!全力を出し切ってレースを楽しんで来ます!!』

The River Face
Facebook: https://www.facebook.com/race.raftingTHERIVERFACE

Instagram https://www.instagram.com

 

【関連記事】
徳島の暴れ川”吉野川”を拠点にラフティング世界大会へ挑戦!
THE RIVER FACE【安永有里子選手】
THE RIVER FACE【浅井裕美選手】

>>《夢を持ちながら暮らす》ラフティングチーム THE RIVER FACEキャプテン 板 華子さん1
>>《夢を持ちながら暮らす》ラフティングチーム THE RIVER FACEキャプテン 板 華子さん2

オススメ観光情報

  • 大歩危峡・小歩危峡

    "結晶片岩が水蝕されてできた溪谷は、大理石の彫刻がそそりたっているかのようで、春は桜・秋は一面の紅葉が清流に色をそえ、スリル満点の舟下りが楽しめる。
    大歩危の下流約3kmが小歩危。大歩危より構えは小さいが、奇岩怪石の妙と小歩危砂岩片岩と称される岩肌の美しさは、大歩危片岩に劣らない魅力をもっている。大歩危は平成26年3月18日に国指定天然記念物に指定され、平成27年10月7日には国指定の名勝にも指定された。平成30年2月13日には小歩危が追加されて、「大歩危小歩危」で国の名勝に指定された。

    スポット詳細を見る

  • RiverStation West-West

    大歩危・祖谷の玄関口にある複合観光施設。古民家を改築した祖谷そば店や本格徳島らーめん店、おみやげ店、アウトドアショップ、コンビニの5店舗が営業。川まで歩いて降りられるスロープや展望台、ウッドデッキ、BBQハウス、ドッグランなどの施設も充実。ラフティング小歩危コースの出発地点でもある。

    スポット詳細を見る

  • mont-bell 大歩危店

    アウトドアウェアやギア(道具)、キャンプ用品など多数取揃えています。
    大歩危店でしか手に入らない限定商品も人気の一つ。

    スポット詳細を見る

あわせて読みたい

オススメ観光情報ランキング