秘境・祖谷川の透き通る清流沿いに色づく紅葉の絶景スポットを巡る Part1

2021.10.18

特集

徳島県の祖谷(いや)地方は日本三大秘境の一つとされる奥深い地域である。秋は渓谷が紅葉し観光に絶好のシーズンとなる。地域を流れる祖谷川は、西日本第2位の高峰剣山を源に、高い山々を縫うように下り、吉野川に合流する。深い渓谷の崖に、張り付くように生える木々が紅葉する様はまさに絶景だ。
剣山から始まる紅葉は、秋の深まりとともに徐々に標高の低い所へと広がっていく。祖谷川を下る紅葉を満喫できるコースを紹介する。

1.標高約1000mの絶景紅葉名所『奥祖谷二重かずら橋』

(Instagram:rs.0521)

祖谷川の上流部、標高1000m程の場所にある奥祖谷二重かずら橋。男橋、女橋の二つのかずら橋が清らかな祖谷川の流れの上に架かり、その周りの紅葉は見事である。この橋は奥祖谷かずら橋キャンプ場への通路でもあり、キャンプ場からも紅葉が楽しめる。

奥祖谷二重かずら橋

徳島県三好市東祖谷菅生620

 

2.日本の秋景色を堪能『かかしの里』


東祖谷の名頃集落は、別名かかしの里と呼ばれ、人口よりはるかに多いユーモラスなかかし達が見られる。秋は周囲の山々が紅葉し、かかし集落の秋風景となる。この集落は標高900m程に位置し、空に近いことから「天空の村」とも呼ばれ、秋の訪れも早い。人々と、かかしの織りなす秋風景に、秘境祖谷の暮らしを感じられる。

天空の村・かかしの里

三好市東祖谷菅生191

 

3.龍宮崖公園で祖谷川の上から紅葉を楽しむ

龍宮崖公園には、祖谷川の上空60m程の所に架かる橋がある。橋の床は、両側が編み目となっていて、下がよく見え、高所恐怖症の人は渡ることができないほどの景色が見られる。深い渓谷に架かる吊り橋風景だけでも見る価値があるが、渡って空中散歩を楽しむのもいい。

ここでは、断崖絶壁に道路が造られ、上の岩がそのまま残った様子が見られる。現在はトンネルが造られ、この道路を通る車はほとんど無いが、昔の祖谷街道の名残だ。
このオーバーハングの道路は、人力で、万人の人夫の手により作られたことから、祖谷地方ではマンプ(万夫)と呼ばれている。

竜宮崖公園

〒778-0206 徳島県三好市東祖谷釣井438

Part2→https://miyoshi-city.jp/2021/10/10404/

Part3→https://miyoshi-city.jp/2021/10/10038/

 

大歩危祖谷ナビ(三好市観光協会)
https://miyoshi-tourism.jp/

絶景秘境奥祖谷日帰りバスツアー
https://nishi-awa.jp/topics/tourism/2444.html

(文・写真:白うさぎ/写真:大柿豊広)

オススメ観光情報

  • 奥祖谷二重かずら橋

    ーお知らせー 奥祖谷二重かずら橋の【野猿-やえん】は故障中で現在使用中止です。
    ご迷惑をおかけいたしますがご協力の程お願いいたします。

    秘境の雰囲気が漂う美しい景観に囲まれたかずら橋。平家一族が剣山の「平家の馬場」に通うために架けられたといわれる橋で、男橋(おばし)と女橋(めばし)の二本あり、夫婦橋(めおとばし)とも呼ばれる。近くにはロープを引きながら渓流を渡ることができる「野猿」(やえん)もあり奥祖谷を代表する観光スポットです。

    スポット詳細を見る

  • 奥祖谷二重かずら橋キャンプ場

  • 祖谷ふれあい公園

    祖谷ふれあい公園内には、木製遊具や水際遊歩道、てんとう虫モノライダー、キャンプサイトなどがあり、自然を満喫しながら1日中、ご家族や友達と遊べる施設となっています。また、2017年には「フォレストアドベンチャー」がオープンされ、長さ360メートルを超えるロングジップを楽しんでいただけます。

    スポット詳細を見る

あわせて読みたい

オススメ観光情報ランキング