秘境・祖谷川の透き通る清流沿いに色づく紅葉の絶景スポットを巡る Part3

2021.10.30

特集

日本三大秘境の一つ徳島県三好市の祖谷(いや)地方は、秋は渓谷が紅葉し絶好の観光シーズンとなる。西日本第2位の標高を誇る剣山を源流とする祖谷川は、高い山々を縫い深い渓谷を造り、吉野川に合流する。渓谷の崖に張り付くように生える木々の紅葉する様はまさに絶景といえる。
紅葉は剣山から始まり、秋の深まりとともに徐々に標高の低い所へと降りて行く。祖谷川を下る紅葉を満喫できるコースを紹介する。

Part1→https://miyoshi-city.jp/2021/10/10077/

Part2→https://miyoshi-city.jp/2021/10/10404/

6.三好市池田町 出合ダム湖に映る見事な紅葉は祖谷川下流部一番の見どころ

祖谷川の下流部、一番の紅葉の見所は、三好市池田町の出合だ。四国電力の水力発電用のダムの上流はダム湖になっており、見事な紅葉が水面に映っている。
岩の上には様々な広葉樹があり、風のない時は鏡のようになった水面に、色づいた木々の鮮やかな紅葉が映る。


見頃の時期にはカメラマンが多く訪れる場所である。川面に映る紅葉が、時間とともに変化する光によって表情を変えていく様は、思わず写真を撮りたくなる神秘的な美しさだ。道路沿いには、真っ赤なモミジがたくさんあり、これを撮る人も多い。有名な観光スポットではないが、祖谷川沿いの紅葉が一番美しい場所だ。

四国電力 出合発電所

〒779-5164 徳島県三好市池田町大利

標高差約800m、祖谷渓谷の秋を楽しむ 『絶景秘境奥祖谷日帰りバスツアー』も実施中

祖谷にたくさんある紅葉の見所を、祖谷川を下りながら紹介した。最初の二重かずら橋と最後の出合では標高差800m程もある。奥深い秘境の地の紅葉を満喫できるコースだ。
紅葉の見頃は年によって変わる。上流部の二重かずら橋が11月上旬、中間の祖谷のかずら橋が中旬、下流側の出合が中旬から下旬頃となる。渓谷が色づく秋は、新緑の季節とともに絶好の秘境の秋を堪能できる観光シーズンだ。
最新の情報を公式サイトなどで確認して訪問することを勧める。

また、2021年10月~11月の土、日、祝日には、絶景秘境奥祖谷日帰りバスツアーとして、JR大歩危駅から奥祖谷二重かずら橋等へ向かう日帰りツアーが実証実験として行われている。

 

大歩危祖谷ナビ(三好市観光協会)
https://miyoshi-tourism.jp/

絶景秘境奥祖谷日帰りバスツアー
https://nishi-awa.jp/topics/tourism/2444.html

 

(文:白うさぎ)

オススメ観光情報

  • ハレとケデザイン舎

    かずら橋などへ続く道の入り口に隠れ家のように佇む廃校からは、美味しいピザの匂いと深いコーヒーの香りが広がっています。
    ※谷のサウナがあるシモノロパーマネントとは別の場所になります。

    スポット詳細を見る

  • 松尾川温泉/しらさぎ荘

    源泉掛け流しの温泉が魅力。
    また隣接の自炊湯治の宿しらさぎ荘ではリーズナブル価格で軽食も取れる他、
    自炊をして楽しむ事も出来ます。

    スポット詳細を見る

  • 竜ヶ岳

    松尾川の中流部で、腕山の南西の斜面にある竜ケ岳は約2kmにわたって数百メートルの断崖をつくっている。見頃は紅葉時であるが、落日に映える錦絵は懸崖を一層ひきたてる。

    スポット詳細を見る

あわせて読みたい

オススメ観光情報ランキング