絶景紅葉の真っ只中へ。祖谷渓ポタリングツアー【ブロンプトン・ポタリング】 Part.1

2022.11.20

特集

色とりどりの紅葉と澄んだ空気が心地良い晩秋の祖谷渓。 車でサクッと周遊するなんてもったいない! 風の音や鳥の声、山の匂いを胸いっぱいに吸い込んで、五感をフル稼働させる旅を体験してみませんか? 心も体もリフレッシュさせてくれるアクティビティとして注目が集まる「ポタリング」で祖谷渓の絶景を巡る旅へ出かけました。

動画】今回のポタリングツアーの模様をYouTubeチャンネルでも公開中!

ポタリングってそもそも何?

ポタリング=自転車散歩。 決まった定義はなく、速度や距離にとらわれず気ままに楽しめるとあって近年注目が集まっています。 自転車の旅と言えば一般的にスポーツバイクやマウンテンバイクを思い浮かべるかもしれませんが、今回のポタリングの相棒は英国製のおしゃれな折りたたみ自転車「ブロンプトン」。 可愛らしい見た目とは裏腹に最大6段ギアで、ちょっとした坂道もスイスイ!

のんびり気ままな自転車散歩で徳島の魅力再発見!今回、旅をしたのは…

旅するヨガインストラクター・大北(おおぎた)侑希さん(写真右)。 「徳島を拠点に活動していますが、今回のポタリングツアーで立ち寄るスポットは行ったことがない場所も多くて。地元を再発見したいです」。

阿波池田駅に集合。 今日の相棒自転車「ブロンプトン」と初対面

「ブロンプトン」の自転車はコンパクトに折り畳めるので電車への持ち込みも可能。

集合場所の阿波池田駅で待っていたのはブロントン・ポタリングツアーを主催するAWA-REの榮さん。地元をよく知っているナビゲーターとなり、ツアーに同行して案内してくれます。ここで自転車とフロントバッグをレンタル。 「自転車やヘルメットはカラーバリエーションがたくさんあって可愛い! 選ぶのに時間がかかっちゃいました。 自転車のフロントに装着できるレザーバッグもデザインが様々」(大北さん)。 自転車は収納袋に入れ、バッグ片手に特急南風へ乗り込んだら大歩危駅へ向かいます。 「そこまで重くないので電車移動も楽々ですね」(大北さん)。

秘境・祖谷の玄関口、大歩危駅の名物スポット「歩危マート」で出会った地元おばぁ

大歩危駅前にある「歩危マート」は地元の人々が集うスーパーマーケット。

歩危マートの山口由紀子さんと記念にパシャリ。

焼き色をつけたぼけあげと大根おろしが入った「雲海汁」。

大歩危駅を下車したら、まずは駅前の歩危マートへ。ここは「ぼけあげ」(顔より大きい!)や祖谷地方名物の「岩豆腐」をはじめ、地元の食材を揃えるスーパーマーケット。ニコニコ顔で出迎えてくれたのは山口由紀子さん。「これから自転車を漕ぐなら腹ごしらえしない!」と、「雲海汁」(500円)を振る舞ってくれました。「このあたりの地域の話を色々教えてくれたりお茶を振る舞ってくれたり、なんとお土産につき立ての草餅までいただいちゃいました。山口さんのおもてなしが温かかったです」(大北さん)。パワーをチャージしたら、路線バスに乗ってポタリングツアーの起点となるかずら橋へ移動。

◆歩危マート
https://miyoshi-city.jp/spot/歩危マート/
住所:徳島県三好市西祖谷山村徳善西7
TEL:0883-84-1111
営業時間:8:00~18:30(日曜日8:00~18:00)
定休日:毎年1月1日のみ
公式HP:http://www.bokemart.jp/tenpo.html

【関連記事】
三好人の元気の秘密に迫る~大桃美代子さんの秘境探訪 Vol.3

名所「祖谷のかずら橋」からいよいよポタリングツアーがスタート!

自転車の組み立てはものの数秒!

(左)シラクチカズラで作られたかずら橋。祖谷川の清らかな流れを望む。(右)水の流れが描くやわらかな曲線が美しい琵琶の滝。

かずら橋停留所からすぐの駐車場でまずは自転車の組み立て。フロントにバッグを装着し、準備も万端! 「サドルが高くないので跨ぎやすいです。これなら服のお洒落も楽しめますね」(大北さん)。そうそう、自転車を漕ぎ出す前に名所のかずら橋周辺での写真撮影もお忘れなく。「かずら橋からの景色は最高! でも、渡るのは怖かったです(笑)。橋を渡った先にある琵琶の滝は、平家の落人がこの場所で琵琶を弾いて都を偲んだという伝説もあるんだそう。旅の安全を祈りました」(大北さん)。

◆かずら橋
https://miyoshi-city.jp/spot/祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)/
住所:三好市西祖谷山村善徳162-2
料金:大人550円、小人350円
時間:日の出~日没(年中無休)

◆琵琶の滝
https://miyoshi-city.jp/spot/琵琶の滝/
住所:三好市西祖谷山村閑定23

さっそく寄り道!? SNSでも人気のテラスが心地よい「cafe 森のくまさん」で野鳥と戯れる

多いときは10羽以上のヤマゲラが集まるという。

かずら橋からいよいよツアースタート! …と、その前に橋のすぐそばのカフェ「森のくまさん」に寄り道。「SNSで見て気になっていたカフェなんです」と大北さん。なんと、こちらのカフェのテラスでは野鳥への餌やりが可能。ひまわりの種を手のひらにスタンバイさせてしばらく待っているとヤマゲラが! 野鳥と触れ合うという貴重な体験に大北さんもご満悦。「祖谷産はちみつを使ったハニーカプチーノ(500円)もとっても美味しかったです。食べたり飲んだりしてばかりですね(笑)」(大北さん)

◆cafe 森のくまさん
https://miyoshi-city.jp/spot/森のくまさん/
住所:徳島県三好市西祖谷山村善徳162-1
TEL:090-3184-3029
時間:9時〜17時

【関連記事】
祖谷のかずら橋 パート2 秘境の郷土料理食べ歩き

気になるスポットにその都度立ち寄れるのがポタリングの持ち味。次回はいよいよブロンプトンを漕いで絶景紅葉の祖谷渓を巡ります。お楽しみに!
次回>>>絶景紅葉の真っ只中へ。祖谷渓ポタリングツアー【ブロンプトン・ポタリング】 Part.2

祖谷渓ポタリングツアー【ブロンプトン・ポタリング】

英国製のおしゃれな折りたたみ自転車「ブロンプトン」に乗って、日本三大秘境・祖谷渓を走るツアー。かずら橋やひの字渓谷など絶景スポットに寄り道しながら、渓谷のそばを通る祖谷街道を駆け抜けます。

【コース(一例)】
JR阿波池田駅-JR大歩危駅-かずら橋-ひの字渓谷-ホテル祖谷温泉(昼食)-小便小僧-祖谷渓展望台-JR祖谷口駅-JR阿波池田駅
【集合場所】
JR阿波池田駅(お客様のご要望によりツアーアレンジも可能です。)
【集合時間】
8時
【期間】
2022年3月1日~2022年12月28日
【備考】
※ガイドが同行します(対応言語:日本語)
※最少催行人数:2人
※申込締切:参加日3日前の17時まで
【申込】
一般社団法人そらの郷
https://nishi-awa.jp/【公式サイト】

公式サイト内お申込みページ
https://nishi-awa.jp/contents/experience-reservation/687.html

オススメ観光情報

  • 4S STAY 阿波池田駅前

    駅前商店街にあった店舗(旧寿司店)をリノベーション。
    鉄道マニアには嬉しい列車座席での食事を楽しむ事もでき、
    駅長制帽や制服を身に付け記念撮影も出来ます。

    スポット詳細を見る

  • 大歩危遊覧船

    大歩危渓谷遊覧船は、約30分で吉野川を下りて戻り、渓谷を滑走しながら自然の手仕事の壮大な景色を乗客に提供します。 大理石の彫刻に似た結晶片岩が両側のボートの上にあり、観光客に素晴らしい景色を提供します。 夏には新緑、秋には紅葉、冬には雪まで、変化する季節をお楽しみいただけます。

    スポット詳細を見る

  • 大歩危温泉サンリバー大歩危

    強アルカリ性の泉質は、美肌効果があると地元でも有名です。

    スポット詳細を見る

あわせて読みたい

オススメ観光情報ランキング