天空を駆ける!大歩危国見山スカイレース パート1 徳島県三好市

2021.12.14

特集

徳島県三好市、大歩危峡エリアで、11月28日、初となるスカイランニングレースが行われた。山深く急峻な古道を通り、そびえたつ国見山頂上を周回する過酷なコースで多くのランナー達が競い合った。

晩秋の朝、吉野川を見下ろす会場に集まった参加者は49名。四国近隣のみではなく関東からもランナー達がこのレースへ、体力の限界に挑戦すべくやってきた。

レースのスタート・ゴール地点はJR大歩危駅から上がってすぐ近く。会場から見下ろすと吉野川のエメラルドグリーンと険しい岩々の峡谷が目に入る。ここからランナーたちは急峻なコースを国見山の頂上まで駆け上がり、また戻ってくるという壮大な12.8kmのチャレンジに乗りだした。

空を駆ける スカイランニングレースとは

スカイランニングレースは世界中で開催されている大会だ。競技者は急峻な山を駆け上ったり、駆け下りたりする。マラソンのような従来の長距離ランニング競技とは異なり、距離だけではなく、垂直距離や標高差に重点が置かれる競技である。

スカイレースでは、コースの全長や、高度の増加によって競技が分かれている。また男女や年齢層別のカテゴリー別にもなっている。

レースの舞台となる国見山は世界のスカイレースコースに勝るとも劣らない急こう配

2013年に日本スカイランニング協会(JSA)が設立され、近年、四国でも大会が行われるようになった。三好市は四国でも急峻な山々がある地域だ。まるでこのスカイレースのためにあるような地形。コースに選ばれるのも納得である。

標高差1436m、四国屈指の急峻な古道を走る 大歩危国見山スカイレースの過酷なコース

この大会はJR大歩危駅のすぐ近く、標高約200mから始まる。ここからのコースは、標高1409mの国見山頂上まで5km、急峻な山中を、昔の人々が行き交った「古道」を駆け上がる。これは標高差1200mもの高さを上り続けることになる。

山頂からは別のコースで降り、途中からは登ってきたコースに戻り、また標高差200mの上り。

その後、また元のコースに戻り、JR大歩危駅付近のゴールへと向かう。

コース全長12.8km。累積の上り標高差は1436mである。

「通常スカイレースの距離は20km以上、けれどこの国見山コースは、急峻なため距離が特別になっている。」JAS代表、松本大さんはそう語った。スカイランニングのベテランも、この三好の山々の急峻さには驚きの様だ。

地元サポーターからの熱い歓迎 ウォータースポーツだけでなく山岳スポーツも魅力の三好市

競技開始の前、安全祈願から始まり、続いて開会式も地元の人々の歓迎とともに行われた。

サポーターの一人、駅のすぐ隣、歩危マートの山口由紀子さんは「自分が住んでいる所、そして毎日眺めている国見山。そこに大勢の人が来てこんなイベントがあるなんて、まるで夢のよう」と喜んで話し、ほら貝を吹き鳴らした。

集まった地元の人々も、太鼓を鳴らしたり、焚火を起こしたり、ゆるキャラも現れ、にぎやかな開会となった。

四国スカイランニング協会代表、杉本雅昭さんも「こんなに地元の歓迎、サポートがあるのはすごい。競技にももっと力がはいる。」と歓迎を喜んでくれていた。

また、ランナー達を歓迎するのは、近隣の住人だけにとどまらない。三好市、高井美穂市長も開会式であいさつ後、レースの開始を見守っている。

「三好市はラフティングなどウォータースポーツが盛んだが、山での競技も行われるようなって大変うれしい。ぜひ楽しんで欲しい。」と笑顔を見せている。

朝9時、競技開始! スカイランナー達の挑戦が始まった

競技者たちはスタートの準備を行っている。スタート前の緊張が伝わってくる。女性部門が先に始まる。15秒ごとに一人ずつ走り始めた。

太鼓が打ち鳴らされ、ほら貝が響き渡り、競技スタート!

はじめからいきなり山へ入っていく上りがはじまる。

パート2では、過酷なコースを駆け抜けるレース内容について紹介する。

>>パート2の記事はこちら

>>パート3の記事はこちら

 

大歩危国見山スカイレース
https://www.outdoor-sports.info/kunimiyama-skyrunning

日本スカイランニング協会
https://Skyrunning.jp/

四国スカイランニング協会
https://human-power.wixsite.com/shikoku-Skyrunning/field

(取材・文:ショーン ラムジー、写真: ショーン ラムジー&生野 明弘)

オススメ観光情報

  • 歩危マート

    地元でも人気の高い、ぼけあげや祖谷こんにゃく、祖谷とうふなどたくさんの商品を取り扱うお店。
    また、地場産の新鮮な食材を豊富に取り揃えています。

    スポット詳細を見る

  • 大歩危峡まんなか

    レストランやお土産品売り場があります。
    また、日本列島の成り立ちが分かる貴重な場所として、国指定の天然記念物、名勝にも指定されている吉野川で
    遊覧船に乗る事も出来ます。

    スポット詳細を見る

  • 道の駅大歩危(妖怪屋敷と石の博物館)

    店内には妖怪屋敷や石の博物館、お土産売り場などがあります。
    また、地元で獲れた食材を活かしたジビエバーガーなども販売しています。
    テラスに出て食べる事も可能です。

    スポット詳細を見る

あわせて読みたい

オススメ観光情報ランキング