みよしクルクル紫陽花めぐり

みよしクルクル紫陽花めぐり

徳島県三好市のこれから見頃を迎える紫陽花をご紹介します!

梅雨の時期らしい雨の多い天気となりましたが、植物にとっては恵みの雨のようで例年よりも暖かな気候が相まって大輪の花を咲かせています。紫陽花と一緒にカフェや温泉なども楽しめる場所が多いのでぜひ三好をクルクル巡ってみてください。

塩塚高原

塩塚高原は徳島県と愛媛県を跨ぐ様に広がっており秋には一面ススキに覆われます。視界をさえぎる背の高い樹々もないため天気の良い日には瀬戸内海と山陽の山々を眺めることができます。

紫陽花のスポットは塩塚高原へ向かう途中の塩塚高原キャンプ場になります。こちらでは”こぐま”や”うお”などの星座の名が付いたバンガローやオートキャンプ場があります。また四輪バギー、スカイコースター、人工芝で滑り降りる草そりゲレンデもありお子様連れにもオススメです。

明るい時間にはキャンプ場で一日遊び夜はBBQなどをしてお腹が満たされたら、地面にシートを敷き天体観測をするというのが星空を一人じめできるコツです。(その時には虫除けをお忘れなく!)

天体ドームもあり、夏休みの自由研究などにも困らないですね!

塩塚高原の紫陽花の見頃は6月下旬〜7月末までです。夏休みの宿題もですが計画はお早めに!

塩塚高原キャンプ場

〒779-5337 徳島県三好市山城町平野205

Facebook:https://www.facebook.com/塩塚高原キャンプ場-2145696252193737

URL:http://www.shiozukakogen.com

四国霊場第66番札所 雲辺寺

「天空のブランコ」「天空のお寺」としても有名で、四国八十八ヶ所霊場の第六十六番札所でありお遍路で回る霊場としては一番標高の高いお寺です。

晴れた日には雲辺寺山頂公園から香川県が一望できます。絶景もオススメですが、私は「雲の辺りのお寺」と名前にあるように少し雨が降っていたり霧が出来ている時もオススメで、地面から白く立ちあがる霧は2万本の紫陽花を幻想的に見せてくれます。

さらに季節に合わせてデザインの違う御朱印が今回は紫陽花ということでとてもカラフルです!こちらは6月19日〜7月末まで配布予定ですが限定数量に到達すると終了の為お見逃しなく!不安な方は6月末までご予約も可能ですので雲辺寺のInstagramを要チェックです。

 

雲辺寺は標高が高く温度が低いので平均的な紫陽花の見頃は7月~8月と遅めです。今年は気温が高い事もあり開花時期が早めとのことです。

三好市側から車にて雲辺寺の参道まで行く事もでき、香川県からは大きな駐車場がある日本最大規模のロープウェイに乗って雲辺寺の境内入口まで直接行く事もできます。

雲辺寺山頂公園にある「カフェルポ」の天空ソーダが女性客に人気で、グラスに乗った泡がはじけ雲がたなびく様な演出が雲辺寺をイメージしています。こちらはシャボンが弾けてしまう前に素早く写真を撮り、次は動画に切り替えると上手く撮影できます。他にも美味しい焼き菓子が並んでいますのでぜひお立ち寄りください!

四国霊場第66番札所 雲辺寺

〒778-5251 徳島県三好市池田町白地ノロウチ763−2

Instagram:https://www.instagram.com/unpenji/?hl=ja

雲辺寺ロープウェイ

〒769-1615 香川県観音寺市大野原町丸井

Instagram:https://www.instagram.com/unpenjiropeway/?hl=ja

Twitter:https://twitter.com/unpenjiropeway

新祖谷温泉ホテルかずら橋

さて、たくさん歩いたら楽しい気持ちと反対に意外に足は疲れているものです。そんな時には温泉はいかがでしょうか?今すぐに紫陽花を楽しむことが出来る新祖谷温泉ホテルかずら橋をご紹介します。

まずフロントで受付をし3Fの大浴場へ、そのまま屋外の遊歩道に出ると紫陽花がたくさん咲いています。遊歩道は急な階段が続くため上りはケーブルカーを下りは階段をご利用すると別角度の紫陽花を楽しむことが出来ますよ。

さて、ケーブルカーが着けばお待ちかねの露天風呂です。

ケーブルカーを降りますと順に半兵衛の家(休憩所)、展望台(足湯)、露天風呂、筍の湯(貸切)と続きます。半兵衛の家という名前に不思議に思った方はぜひ一度覗いてみてください、休憩所ではありますが古き良き祖谷の隠れた文化に触れることが出来ます。

遊歩道の途中にもう一つお風呂があり貸切の五右衛門風呂となっています、こちらは遊歩道を歩かないと気付かない隠れ家的なお風呂で今の時代だからこそ新しいそんなお風呂となっています。

こちらは足湯からの風景です。

天気の良い日もオススメですがシトシトと雨が降っていても霧が白い帯状となり祖谷の山々を束ねる様子を見ることができます。祖谷の風景を見ながらのんびり足湯に入れば日常の疲れをリセットし新しい活力へと繋げてくれることでしょう。

新祖谷温泉ホテルかずら橋

〒778-0102 徳島県三好市西祖谷山村善徳33−1

URL:https://www.kazurabashi.co.jp

Instagram:https://www.instagram.com/kazurabashi/?hl=ja

Facebook:https://www.facebook.com/hotel.kazurabashi

Twitter:https://twitter.com/kazurabashi

 

徳島県三好市の紫陽花特集でした。紫陽花だけではなくキャンプや温泉など合わせて楽しめるスポットを厳選しています。長い日常の中に今しか味わえない非日常な一日を入れてみるのも人生を豊かにするコツなのかもしれませんね。

 

(文、写真: 堂野彩加、写真提供:雲辺寺&新祖谷温泉ホテルかずら橋&@risa_family)