山あり川ありスノボあり!! キッズたちが徳島県三好市のアウトドアを満喫!

山あり川ありスノボあり!! キッズたちが徳島県三好市のアウトドアを満喫!

ウェイクボード、SUP、ラフティングなど、三好市のウォータスポーツを楽しむウォーターキッズが雪山へ!

この日向かったのは三好市井川町にある「井川スキー場 腕山」。ゲレンデの少ない四国でウィンタースポーツを楽しめる貴重なスキー場だ。取材当日は前日からの快晴が続き多くの人で賑わっていた。

普段、三好市の池田湖を中心とした湖や川でイキイキとした姿を見せるキッズたち。そんな彼らも雪の上では少し緊張した面持ちだ。この日はキッズたち全員スノーボードにチャレンジ!
最初はインストラクターからのレッスンを受けながら徐々に雪に慣れていく。ボードの履き方、コケ方などを丁寧に学んでいった。雪と仲良くなるには触れ合うのが一番、寝ころびながら全身で雪を感じていた。

天気も良く写真映えは最高!レッスンを見守る親御さんの写真撮影にも熱が入る。
インストラクターの「さぁ!どんどん撮ってください!」という言葉でさらに熱が入ったのか様々な角度から撮りまくる。たっぷりと写真を撮り終えた後は親子でのライディングを楽しんだ。

参加したウォーターキッズの中には、2018年に三好市池田湖にて行われたウェイクボード世界選手権大会で活躍したウェイクボードチーム「イケダコイレブン」のメンバーの姿もあった。さすがウェイクボーダーたち、ボードに乗るのはお手の物!真剣な眼差しでレッスンを受けながらすぐに上達し自分のライディングを楽しんでいた。

レッスン終了後は、腹ごしらえをして、スキー場の営業終了時間まで滑り続けるキッズたち。「最後の一本!」が2~3回繰り返されるのよくあることだ。それだけ友達や親子で滑るのが楽しかったのだろう。

みんなが楽しむ姿を見て、最初はソリで遊んでいたキッズたちもスノーボードにチャレンジ!雪山を存分に楽しんだ!

帰り道の車中、疲れ果てたキッズたちがぐっすりと寝ていたのは言うまでもない。

学校や家庭では見られないこどもたちの姿が見られるのもアウトドアスポーツの良いところ。チャレンジする姿、失敗して悔しがる姿、思わぬ成長を感じる瞬間など、様々な表情を見せてくれる。

徳島県三好市の吉野川流域で盛んなウォータースポーツだけでなく、同市内でも楽しめるウィンタースポーツを体験したキッズたち、地元に素晴らしいアウトドアフィールドがあることも感じてもらえただろう。

もういくつ寝ると川遊びができる季節、一年を通してアウトドアを楽しもう!

三好市では「地球とあそぼう」をテーマに1年間を通じてウォータースポーツ、アウトドアスポ―ツを楽しむ”ウォーターキッズクラブ”の活動をおこなっています。
市外の人でも参加出来ますので是非参加して、自然と戯れて下さいね!

ウォータースポーツのまちづくり
Facebook:https://www.facebook.com/NatureTourismMiyoshiEarth

(取材・撮影・文:中橋啓太)