Experiencing Iya Life Around the Irori |囲炉裏のある暮らし Part1

Experiencing Iya Life Around the Irori |囲炉裏のある暮らし Part1

家のこころ
The heart of the house 

 

現代ではもうめったに見られなくなった囲炉裏。時代物の映画やドラマで見たことはあっても、実際の囲炉裏を見たことがない方も多いのではないでしょうか。

むかしむかし、あるところに・・・と始まる昔話では、茅葺き屋根の家で囲炉裏を挟んで座るおじいさんとおばあさんが定番の様に描かれていますが、昔の暮らしを実際に体験したことのない私達でも、なんだかなつかしく思うようなもののひとつが囲炉裏かもしれません。

Within the older homes of the Japanese countryside, and particularly in the thatched roof farmhouses of Miyoshi’s secluded Iya Valley, probably the most prominent interior feature is the irori, which is essentially just an open fire pit built into floor.

Used for cooking, heating, and for socializing around, these traditional hearths bring the campfire atmosphere into the home and serve as a focal point for daily Iya life. Though there is no fixed size, an irori is usually about 1 meter square, formed from clay inside with a stone foundation, and ringed on its top edge with a thick wooden mantle frame.

 

三好市の最も奥に位置する祖谷でも、囲炉裏は随分長いあいだ、家事など実用的な家の中心部として、そして家族が集う、家のこころとして機能してきました。

祖谷の伝統的な建築では、土間に調理用のかまどがありますが、他に、家族用の居間に囲炉裏が一基、そして客間にも囲炉裏がもう一基などある家が多かったようです。また、客間に二基の囲炉裏がある裕福な家庭もありました。以前は冠婚葬祭など自宅で行われていたため、大勢のお客様をおもてなししていたのでしょう。

Usually located in the center of the main room, some more stately Iya Valley farmhouses feature broad double-sized irori or even two irori in the same room. Within the irori a small wood or charcoal fire is almost continuously burned, upon which food is roasted or stewed.

囲炉裏は、四角くあけられた床に粘土質の土や灰が敷かれ、炉縁という木枠で囲まれています。囲炉裏の上からつるされた自在鉤には鍋や鉄瓶が掛けられますが、自在鉤はその名前の通り、自在に高さを変えることができます。昔は鍋を火に近づけたり、離したりすることで調理の火加減を調節していました。また、自在鉤の鍋に近いところに魚の形の固定具がありますが、うかがったところによると、魚は目を開いて眠るところから、夜も火の番をしてくれ火災よけになるということです。

他地域でもそうであるように、祖谷でも家の中心として囲炉裏は大事な役目を果たしてきました。

Suspended above is the bamboo jizai-kagi, which is a long adjustable hook that holds a water kettle and features a wooden adjustment lever that is often in the form of a fish. People say that it takes this symbolic shape since fish sleep with their eyes open, so it acts as a talisman for fire protection

 

現代では囲炉裏は電気やガスの調理器具に代わりましたが、カセットコンロと囲炉裏の違いはあっても、今も昔も家族で同じように鍋を囲んでいるのですね。

Nowadays, even though modern homes rarely feature these beautiful floor hearths, Japanese people continue to revere the sentimental function of these ancient, life-sustaining fixtures. And while irori are often only ever seen in movies or museums, the Iya Valley is still a place where people gather around them in their true form, allowing visitors to experience the customs of traditional life.

 

Part2では、祖谷の囲炉裏のある昔の暮らしを紹介します。

In Part 2, we will explain how Iya life revolves around the irori.

(文:Shaun Lamzy ショーン ラムジー)