阿波池田・真鍋屋で池定美術作品と出会う

阿波池田・真鍋屋で池定美術作品と出会う

美術鑑賞。などと言うと、少し構えてしまうものではないでしょうか。名作だ、傑作だと言われれば、自然とそう見えてしまうもので、正直言えば、絵の良し悪しなんてわからない。そういう方は多いでしょうし、かくいう自分もそのクチ。

 

でも、きっとそれでいいのだと思います。作品の価値を決めたり、判定するために、鑑賞するわけではないのですから。作品を見ることで、何かを感じたり、何らかの感情がわき上がってきたり、そういう心の揺らぎを得ることが、美術鑑賞のいいところではないかと。

 

とはいえ、コロナ禍の今、密になりがちな美術館には、なかなか足が向かないことでしょう。そこで、おすすめしたいのが、三好市地域交流拠点施設『真鍋屋』で開催されている、池田高等学校定時制課程の生徒たちによる美術作品展です。

 

真鍋屋』2階のフリースペース、コワーキングルーム、ミーティングルームに展示された作品は、書画のほか、油絵あり、水彩画あり、オブジェありとバラエティ豊か。モチーフもさまざまで、それぞれに個性があり、どんな学生が作っているのか、おもわず想像してしまいます。

 

 

すべての作品に通じるテーマは、『雲外に蒼天あり』。これは、言葉のとおり、「雲の先には、青空が広がっている」ということ。転じて、「努力して試練や困難を乗り越えれば、すばらしい世界が広がっている」ということを意味しています。

 

雲は、試練や困難を暗示したもの。現在でいえば、新型コロナウィルスの流行も、それにあたるかもしれません。あるいは、人それぞれに試練があり、100人いれば100通りの困難があります。池田高等学校定時制課程の生徒たちが、このテーマから何を感じ取って、それぞれの作品を作ったのか? そこに想いを寄せて見れば、また違った感情が生まれるかもしれません。

 

 

というわけで、個々の作品の解説は、差し控えさせていただきます。実際に見て、何かを感じてほしいからです。

 

真鍋屋』では、12月7日(月)まで展示しています。開館時間内(11:00~18:00)は、自由に入場できますので、ぜひ、足をお運びください。
また、12月7日(月)~令和3年1月8日(金)は『箸蔵とことん』にて、令和3年1月8日(金)~1月29日(金)は『フレスポ阿波池田』にて、引き続き展示会を開催する予定です。

 

 

ここ池田から生まれた美術作品に触れ、雲外の蒼天に想いを馳せてみませんか?

(取材・文/大掛達也)