廃校のピアノで「思い出コンサート」を開催!|ウマバ・スクールコテージ(旧馬場小学校)

廃校のピアノで「思い出コンサート」を開催!|ウマバ・スクールコテージ(旧馬場小学校)

「皆谷尚美」の思い出コンサート」開催!

6月27日(日)にシンガーソングライターの皆谷尚美さんがウマバ・スクールコテージ(旧馬場小学校)で廃校となった小学校のピアノを使用してコンサートを開催しました。

皆谷尚美さんは徳島県徳島市出身で21歳の時にVictor Entertainmentよりメジャーデビュー、1999年に発売の「遠いこの街で」は有名アニメ映画の主題歌に、また同じ年の「セピアの日」は熱闘甲子園のエンディングテーマとして全国の方が知るアーティストとなりました。四国の方にはなじみ深い四国霊場88カ所巡りをテーマにしたTVアニメ「おへんろ。」の「おへんろ。数え歌~徳島編~」(2014年)も作詞・作曲しています。

その他にも、ケントホームズや四国ガスグループ、地球にいい事やってみようエコウィークのテーマソング・愛のバトンなど皆さんが一度は耳にした事があるCMソングも実は皆谷さんが作詞・作曲などをしています。

 

「皆谷尚美の思い出コンサート」は一台のピアノから

 

普段はライブハウスで演奏することが多い皆谷さんですが、今日は体育館のステージの上から演奏します。

「なんだか校長先生になった気分で、こんな気持ちで私たちを見ていたのかなって不思議な気分です」

ライブハウスとは違うお客さんと少し距離のある所からイベントは始まります。

皆谷さんが「思い出コンサート」としようと思ったきっかけは6年前にある廃校を訪れた時です。

体育館にポツン、と置かれホコリを被った一台の立派なピアノがありました。以前はたくさんの子供たちが元気いっぱいな声と共にこのピアノと学校の校歌を体育館に響かせていたことでしょう。ですが過疎化や少子化により廃校が増え、今では特に珍しい光景でもなくなりました。

アーティストとしてまだ現役で頑張る事が出来るピアノがただ朽ちていく事に耐えられなかった皆谷さんは、積もったホコリを払いのけ廃校の卒業生や地域の人々を集めて音楽を届けたいと思い「思い出コンサート」を開催する事にしました。

 

さあ、コンサートが始まりますよ!

今回のコンサート中には校歌だけでなく、オリジナルソングの吉野川をイメージした曲「リバー」や兄弟ソング「インディゴ」、劇場版アニメ「カードキャプターさくら」の「遠いこの街で」などを演奏しました。「リバー」は徳島市出身の皆谷さんが、雄大な吉野川は上流に行くとダムや自然が多くこんな素敵な場所があるのだ、と感動し作成した曲になります。

感染予防対策をした中で、「ふるさと」や「茶摘み」、「夏の思い出」を来場した皆さんと共に熱唱しました。旧馬場小学校の校歌を歌う時には来場者の中に多く参加していた卒業生を始め一番盛り上がりを見せていました。

今回用意していたオリジナルデザインのバックは完売し、グッズやCDにサインを求めるファンで列ができていました。

今回参加したファンからは「心にすっと入ってきて思わず涙が流れました。」や「素晴らしいコンサートでした。夢を叶えることや挑戦していく事の素晴らしさを感じました。感染対策など大変な状況ですが今後もこのようなコンサートを続けてほしい。」という声を聞くことができました。

 

ウマバ・スクールコテージで出来ること

「思い出コンサート」の会場となった”ウマバ・スクールコテージ”は、廃校から生まれた研修合宿やワーケーションとしても使える施設です。

阿波池田駅から車で約15分、1日1組限定の貸し切りで最大38名まで利用ができますからゼミ合宿や企業研修も可能です。また同じ趣味を持つ仲間でバスケやバレー、または音楽などのサークル活動も可能です。(近隣、周囲への迷惑となる騒音の発生にはご注意ください)

また展望デッキもあり、パンフレットには”雲を見下ろす天空の学校”とあるように吉野川と池田町内を見下ろす景観も素敵です。こちらでBBQや雲海を見ながらのんびり朝食を食べる事もできます。

 

なんだかいつもと違う場所を探していませんか?

今思うと学生の頃は一日が長く感じてそれが青春だったなんて当時は気付くことなどできませんでした、そんな場所や空間に今からでもタイムスリップしませんか。まるで田舎のおばあちゃん家に帰ってきたような、なんだか甘酸っぱいそんな気持ちも一緒に戻るかもしれません。

「今年は一度帰ってきてみんで。みんな待っとるでよ〜。」

 

ウマバ・スクールコテージ

〒778-5251 徳島県三好市池田町白地ウマバ464番地

URL:https://umaba-sc.com

Facebook:https://www.facebook.com/umaba.sc