見どころ|ソラとジオ ❸(祖谷渓周辺)


ジオサイト 三好市の大地の成り立ちを感じられる場所

祖谷の含レキ片岩サイト

Scene I-5

祖谷渓のひの字渓谷の南側の道路壁面には、含レキ片岩があります。これは、大歩危の遊覧船乗り場の付近で見られるものと同じもので、地下深くで圧力を受けてレキが伸びてしまった様子を見ることができます。

祖谷川の泥質片岩サイト

Scene I-6

祖谷川の河原には、黒色の比較的もろい岩石を見ることができます。これは、泥質片岩で、泥岩(海底で泥が堆積し固まってできた岩石)が地下で圧力を受けて変わってしまったものです。この泥質片岩は祖谷の郷土料理「ひらら焼き」のプレートとして活用されることもあります。

ひの字渓谷サイト

Scene II-4

祖谷渓は、中津山(1447 m)や国見山(1409 m)などの高い山々を貫くように流れています。ひの字渓谷は、川が蛇行して流れているために、ひらがなの「ひ」の文字のように見えるのが特徴です。祖谷街道から見下ろすひの字渓谷は、四季織々美しい景色を見せてくれます。

善徳・今久保集落の地すべり地形サイト

Scene II-6

かずら橋の対岸同士である善徳集落、今久保集落は、過去に何度も地すべりを起こし、緩やかな斜面になったところに形成された集落です。またこの地域は、今後も地すべりを発生させる可能性があるため、国の地すべり対策工事がなされており、集水井や排水トンネルなどが設けられています。

黒沢湿原サイト

Scene II-15

三好の四国山地には、数カ所山頂が平ら(小起伏面)になっている箇所があり、この黒沢湿原もその一つです。黒沢湿原は、標高約600mほどにあり、現在はミズゴケなどの湿原植物が蔓延っています。昔は、この地は周辺集落の湿田として利用されていました。

エコサイト 三好市の大地と係わりのある生態系が観られる場所

黒沢湿原サイト

Scene VI-E-1

三好の四国山地には、数カ所山頂が平ら(小起伏面)になっている箇所があり、この黒沢湿原もその一つです。黒沢湿原は、標高約600mほどにあり、現在はミズゴケなどの湿原植物が蔓延っています。昔は、この地は周辺集落の湿田として利用されていました。

重末のフクジュソウサイト

Scene VI-E-13

傾斜地畑では、カヤ(ススキ)を刈り、干して乾燥させ(コエグロ)、肥料として活用しています。定期的にカヤは採取されるため、希少な植物や昆虫類がはびこる場所となっています。重末地区の傾斜地畑では、数多くフクジュソウが生育し、春先、黄色い花を見ることができます。

カルチュラルサイト 三好市の大地と係わりのある歴史文化が観られる場所

祖谷のかずら橋サイト

Scene VI-C-21

観光名所として名高い祖谷のかずら橋ですが、昔は傾斜地集落同士をつなぐ交通路として活用されていました。かずら橋は、シラクチカズラを使って組まれており、熱するとしなやかになる、丈夫で虫がつきにくい、などの木の性質を上手く捉えて作られています。

善徳の天満宮神社サイト

Scene VI-C-23

この地は結晶片岩やそれらが風化してできた土壌で、非常に水はけが良い、という特徴があります。この土壌環境において降雨はとても大切なものでした。この善徳地区では、「神代踊り」と呼ばれる雨乞い踊りが継承されており、毎年 旧暦6月15日に舞が奉納されています。

各サイトの見方

ジオサイト

Scene I
四国山地(北側)の素ができるまで(海底でたまり、地下で圧力を受ける時代)

Scene II
地下から地表に現れる時代

Scene III
讃岐山脈の素ができる時代(海盆の時代)

Scene IV
讃岐山脈が盛り上がり始めた時代

Scene V
吉野川沿いに平野が作られる時代

エコサイト

Scene VI-E
大地と共存しながら生きぬく時代(生態系)

カルチュラルサイト

Scene VI-C
大地と共存しながら生きぬく時代(歴史文化)